ポンプ交換にかかる費用

###Site Name###

一定の階層のある建物では水道の水圧が上層階まで届かなくなり、通常の状態では上層階では水圧が弱くなってしまいます。

このため高層の建物ではポンプでポンプアップして受水槽に一度、貯水して、その上で自然流水で各部屋に供給したり、ポンプで増圧して供給することになります。

iemoの情報を提供中です。

しかし、ポンプは24時間稼働している機械であるため、いずれは故障してしまうものです。このさいに行なわれるのがポンプ交換です。
ポンプ交換では、既存の古いポンプを取り外して、新しいものに変えるというものになります。

作業としては単なるポンプ交換であれば新しいポンプを設置し、接続部の配管工事を行い、その上で既存のポンプを撤去し処分するというものです。



このさいに必要に応じてポンプや配管を保温するために保温材を取り付けたり、試運転による調整なども行います。

費用の価格帯としては70万円から80万円程度になります。
一方で、増圧給水ポンプの場合には取り付ける装置などが高価になるため費用としては140万円から170万円程度は必要になりますし、水道局に申請を行うなどの行政に届け出る作業を行なわなければなりません。


また受水槽型から直圧直結給水に切り替える場合には、350万円から500万円ほどになりますが、ポンプ交換だけで済ませられるものではなく建物内にある既存の水道管を改修する必要がありますし、既存の受水槽撤去などの費用も掛かります。このためさらに費用が高くなるケースもあります。

よりシンプルさを追求した給湯器交換の情報を調べてみましょう。